「ルアーウェブショップ・カップ KNBオープン」参加受付中です

2001年のスタートから数えて早17回目を迎える「ルアーウェブショップ・カップ KNBオープン」

当初はKNBクラシックに出られない人のための救済措置のような大会だったのが、単独開催になりどんどんと規模がふくれあがっていって、すっかり自他ともに認めるまでのビッグイベントになってきた。

 

メーカーもショップもメディアもイベント屋も介在しない、ただのサンデーアングラーの集まりからはじまった手作り大会…であったはずなのに、最近はステージまで組み上げるほどのイベントになって、後援に宇城市の名義なんかも入っちゃったりして、昔には考えられなかった規模にまでなってきた。

 

そんな毎秋恒例のイベント、参加受付を募集中です。

 

といいますか、定員ギリギリまで埋まった昨年の3倍のスピードで申込が来ています。

一般参加枠は先着100名までですが、現時点ですでに3分の2程度埋まってます。

お申し込みはお早めに!

 

優勝狙いのガチな人、

大会の雰囲気を楽しみたい人、

昨日釣りをはじめたような初心者も
彼氏に無理矢理連れられて来られた彼女も
孫が出たいからと引っ張ってこられたおじいちゃんおばあちゃんも
みんなひっくるめて「釣りってこんなに楽しいんだ」と、喜んでもらえる大会を目指しています。


大会名に入る「オープン」という文字に込めたその想いは、開催17回目となった今でも変わることはありません。

 

昨日も今日も仕事の合間に、様々な仕掛けづくり、関係各所と打合せしたりの毎日。

 

6割を超えるリピート率はきっと今までも楽しんで貰えていることの証。

今回も誰にでも楽しんで貰える大会にしたいと思ってます。

 

ご参加お待ちしております

 

 

お申し込みは

KNB・熊本ネットバサーズ・KNBオープンのページから

deps Fishing Tour 2018 日指ダム

9月9日、大分県・日指ダム(大分農業文化公園)で開催されたdepsウェブメンバーの交流イベント「depsフィッシングツアー」。

 

2014年に北山ダムで開催された際にリリース禁止署名でご協力を頂いた際にお邪魔して以来。

2016年に日指ダムで開催予定だったが地震と大雨で中止。昨年は北山ダムでの開催だったが、KNBのスケジュールと被ってしまったために無念の不参加。

 

実に4年越しに参加できた。

 

今回はKNB副代表のたけちゅ〜♂とのおっさんコンビでの参加である。

depsレインウェア、そしてdepsのショルダーバッグを携えて出撃だ。

 

でもロッドはノマドだ。

 

続きを読む >>

デスレイクで痛感する実力の差〜KNBマスターズ第3戦〜

猛暑の8月の一ヶ月の中断期間を経て、いよいよKNBのレギュラーシーズンも大詰めを迎える。

まずは緑川ダムでのマスターズ最終戦。

ここまでなんと暫定トップ。

「デスレイク」と呼ばれるこの最終戦で1本をキャッチすれば、シリーズ初制覇も見えてくる。

そしてその先にはAOYも見えてくる。

サイズじゃない。順位じゃない。

この大会はとにかく「1本」を釣ることだけを考えていた。

 

その「1本」を釣るために、いつものように必死なプラを行うのは平常運転というには余りに平凡な日常である。

 

続きを読む >>

DEATH SCYTHE[デスサイズ]の3サイズ[4"/3.75"/3.5"]

前エントリーで紹介したmibroのクローワームDEATH SCYTHE[デスサイズ]。

三段活用などという変則的な使い方の紹介でもあったが、今回は従来発売されていたレギュラーサイズ4インチに続き、いよいよ3.75インチと3.5インチのご紹介。

 

別にmibroと塚本謙太郎に尻尾を振るわけでもなく、媚びを売るつもりでもない。

 

今年の冬〜春先にプロトタイプを使わせてもらってから、純粋に県内で一番発売を熱望していた一人と自負している。

今回はこのデスサイズ愛と共にこの新製品の使用感、サイズ感などをを語らせていただこーかと思います。

 

ね、けんたろさん←むちゃ媚び売ってるやないけ

 

続きを読む >>

DEATH SCYTHE[デスサイズ]三段活用

なにかと出番の多いmibroのクロー型ワーム「デスサイズ」

人気Youtuberの「釣りよかでしょう」で紹介された時は「サステキクローの代用品」とだけ言われて最後まで商品名が出てこなかったデスサイズ。

同じくYoutuberの高橋魚紳にダブルウィップが紹介された時は「えっと…これはマ…マイブロのダブルホイップ」と紹介され、つい先日スペースモンキーズTVでは何の外連味もなく「デスサイザ!」と連呼された。

英語表記は「DEATH SCYTHE」だよ。「SCY」をサイと読めたのになんで最後の「THE」をそのまま「ザ」と読んじゃったのよ。

おしい!まことに惜しい!

 

Youtuberに正しい商品名を言って貰えない悲しき不遇のメーカー、それがmibro。

 

熊本県内で最もデスサイズを買ってると自認(自称)する私としては、もっとこのワームの良さを伝えていかねばならない。

そんな思いから今回はデスサイザ…もといデスサイズの使い方をインプレッションしていこうかと思う。

 

それではレッツカモン!デスサイザ!

 

続きを読む >>

未熟さが生んだ結末〜KNBマスターズ第2戦〜

「あたし、恋してないと死んじゃうの」っていう訳のわからん事言うおねーちゃんと一緒で、「プラしてないと死んじゃうの」とう体質になってしまったほど入念な準備と必死なプラで準備万端で迎えるマスターズ第2戦当日。

 

フラットデッキの下には、タックルボックスと凍らせたペットボトルがたくさん入って熱中症対策も万全。

台風が近づいて来てることもあり、雨が降りそうなのでバスの活性にも期待が出来そう…

 

なんて思っていたのだが…

 

3日前よりもさらに減水が進行して-1.5mほどまで減水。

直前プラで取水口の状態を見に来た人がいたので、もしかするともう締めちゃうのかな?なんて思っていたが、なんのことはない。絶賛開放中だった。

 

こうなると岸際のカバーは壊滅。南北両ワンドの奥部も厳しいだろう。

しかも第一希望に考えていたブッシュも水深の低下とともにストックするバスの量も減っているはず…

 

さあどうしよう…


 

続きを読む >>

KNBマスターズ第2戦に向けた平常運転の必死なプラ

KNBのボート戦「マスターズ」第2戦は、第1戦と同じく萩尾大溜池。

ホームでもあるし(まあ、ほぼ全員にとってホームだけど)、初戦を2位といいスタートダッシュをしているだけに、今回もいい手ごたえを掴んで本戦に臨みたいところ。

 

というわけで、いつも通り、自然に、息を吐くように必死なプラが始まった。

 

 

続きを読む >>

悪夢を消し去れ 〜KNBトーナメント第2戦〜

オカッパリで行われる「KNBトーナメント」第2戦は教良木ダム。

 

昨年は計6回にわたるプラクティスを敢行し、1週前にはミドストとライトキャロによって完全にパターンを掌握したかに思われていた。

しかしそれまでの空梅雨は大会前1週間になって本気を出し始め、一気に2m以上の増水でド満水。

それまで釣れていた釣る場所も、釣れるパターンも消失して、大会当日はホゲるという悪夢。

昨年も好調なスタートダッシュで「今年のりまさんは違う!」と言われていた矢先のMD戦、教良木戦の連続ホゲで、「なんだ、いつものりまさんじゃないですか」と周囲を安堵させたことは記憶に新しい(あたらしかねぇよ)

 

振り返ってみれば石打同様、ここでもお立ち台の記憶が無い。

昨年の二の轍を踏まぬよう、そして初のお立ち台を目指すためにはやることはただ一つだけ。

 

プラ(いつもと一緒)

続きを読む >>

ザ・パーフェクトゲーム 〜KOG大分大会〜

KNBレギュラーシーズンも前半戦が終了し、ぽっかりと大会スケジュールが空く梅雨の合間の中断期間。

この期間を利用して2年ぶりに九州陸釣りグランドチャンピオンシップ(KOG)大分大会に参加することに。

KOGは本来、九州各県で予選会が開催され、上位進出者によって九州大会が開催されるというフォーマットだが、今年は大分大会のみの開催。

2年前は熊本予選を勝ち上がって、決勝大会に進出した後、完璧にホゲ散らかすという結果に終わった。

 

今だ慣れない日指ダム。今年も二度の釣行でどちらもホゲ散らかしているだけに、果たして今回はどういう結果に…

続きを読む >>

土砂降りド濁りド満水の芹川ダム(6/20)

いつもより遅い今年初釣行の芹川ダム。

すでに年券も購入して訪れたのは3度目になるが、過去2回はmibroTVのロケ。

純然たる釣りで訪れたのは今年はじめてとなる。

そして芹川では久々のフロボ釣行。

 

直前まで減水でトレーラーのランチングさえ困難な水位と聞いていたのに梅雨の合間に降り出した大雨は、一気に水位を押し上げた。

ダクダクと増え続ける水位。

ボートを出し始めたころは露出していた部分も、車を片付けに行って戻ってくるともう冠水状態。

 

フロボだとセッティングに15分はかかる。

スロープ下の部分が露出してないと、トレーラーのランチングの邪魔になるから遠慮しちゃう水位。この日は平日+大雨でほとんど人いなかったけれど。

 

続きを読む >>