四国に置いてきたモノ…

熊本に着いたものの、さすがに疲れていたようで、いつの間にか爆睡していた。気付けば朝9時。洗濯やら片付けやら大変である。

続きを読む >>

到着〜そして現実へ

総走行距離1300kmを超えた旅も終わりを告げた。


続きを読む >>

九州へ

朝からフェリーにのり、現在豊後水道。多少揺れはあるが、真っ青な空は台風が来ていることさえも忘れてしまうほど穏やかだ
長かった旅ももうすぐ終わる。ホントに楽しい日々だった。様々な感情があるが、哀しい気持と水没した携帯は四国に残して、また新しい環境に身を置くことになるだろう

っていうか、帰ったら熊本のうどんはもう食えませんな!

道後温泉で旅のフィーナレ

坂出を出たのが遅くなったので、当初から予定していた松山・道後温泉で旅を締め括ろうという計画は、半分はあきらめつつ松山へ入った。
しかし、どんな温泉なのだろうかと見学だけってつもりでハンドルを切った
22時すぎに中心部に入ったところで、現地の係員に聞くとまだ大丈夫とのこと。温泉の少なかった香川滞在以来はじめて本格的な温泉に入ることができた。
道後温泉はワタシが思い描いていたとおりの温泉街だった。夜の温泉街は若い女性など浴衣姿で歩く姿が多く、とてめ賑やかだ。
いい目の保養になった←おっさん
現在朝8時。今からフェリー出航だ

さようなら香川


OHE氏と涙の別れ(ウソ)を経ていよいよ熊本へと帰ることに
今までの人生の中でもっとも充実した旅だったと断言できる。
もう、こういう旅はムリだろう。それでも、またこれからが頑張れる自分になれた気がする。
二度とないであろう人生の夏休みを、大切な人たちと過ごせたことに心から感謝しつつ、松山へと向かう。
明日の朝にはフェリーだ。

…台風きてるな…船でるの?

最後の晩餐(香川の)

話は前後するが、25日夜に府中ダムサイトでOHE氏らと香川滞在最後の晩餐を行った。
野外で食べる料理は格別だが、野外にもスクールの制服(うさぎの耳)を持ってくるのはどうか。
っていうか、香川みやげに買って帰りたい。
蚊に食われながらのサバイバルな宴だったが、とにかく楽しいひと時だった。すべての香川での目的を達成した(バス以外)。

とにかく食いまくって、釣りして、笑って遊んだ9日間だった。
昨日温泉に入って体重を量った。
来る前と体重は変わってなかった。安堵のため息をついた

讃岐うどんオーラス〜第12弾!!

最終釣行も終わり、ノルマと課していた「うどん12食」もいよいよフィナーレを迎える。
様々な表情と味覚で出迎えてくれた讃岐うどん11食たち。この中で最もうまかった店に行くことにしていた。
どの店も間違いなくうまかった。ガイド本やOHE氏らの情報をもとに探したおかげで、ひとつとしてハズレはなかった。
(注:うどんアイスだけビミョー)

おそらく10人いるなら10人ともその評価は変わるだろう。それほど多様に富んだ味だった。ワタシの評価では最終的に、3つの店が残った
・上野製麺所(かけうどん)
・小縣屋(しょうゆうどん)
・大円(ぶっかけうどん)
これ以外でも山田屋、赤坂製麺所、たむらうどんなども秀逸だったが、ワタシは最後に食べるうどんを、小縣屋のしょうゆうどんにした。

続きを読む >>

香川最後の釣行

府中ダムでの香川最後の釣行が終わった。
最初は渋かったものの、倒木のカバーの横で途中経過のとおり、40cmと38cmをカットテールのスプリットショットで連続でヒットさせた。一気に数を稼ぐぞーと勢いづいたものの、その後はパッタリ。
結局はその後30cmのバスをカバーから引きずりだしただけで12時を過ぎ、竿を置いた。
20日から26日の滞在期間中、6日間釣りを楽しんだ(もちろんうどんも)現段階では、どれだけの野池を回ったか集計できていないが、おそらく30以上は確実に超えている。香川の野池の総数の1%にも圧倒的に満たない数だが、メジャーフィールドから、名もなき野池まで、護岸された野池や、自然が残る山中の野池、ヒシモがビッシリと水面を覆いつくした池など、さまざまな表情を持つフィールドを体験できた。
当初ノルマと課していた45cmオーバーは結局つれなかったが、それでも満足のいく結果だった。
全てに満足している。

そろそろ松山に向かう時間が迫ってきた

府中は楽し

ただいまの途中経過
40cm800g
38cm750g
連発〜

讃岐ラスト釣行

今日はついに香川滞在最終日。いまから府中ダムで最後の釣り。満足のできる釣りができるといいなー