ザ・パーフェクトゲーム 〜KOG大分大会〜

KNBレギュラーシーズンも前半戦が終了し、ぽっかりと大会スケジュールが空く梅雨の合間の中断期間。

この期間を利用して2年ぶりに九州陸釣りグランドチャンピオンシップ(KOG)大分大会に参加することに。

KOGは本来、九州各県で予選会が開催され、上位進出者によって九州大会が開催されるというフォーマットだが、今年は大分大会のみの開催。

2年前は熊本予選を勝ち上がって、決勝大会に進出した後、完璧にホゲ散らかすという結果に終わった。

 

今だ慣れない日指ダム。今年も二度の釣行でどちらもホゲ散らかしているだけに、果たして今回はどういう結果に…

続きを読む >>

お手上げすぎる修行の日〜陸釣りクラブ熊本第2戦〜

6月11日、「イマカツカップ NBC陸釣りクラブ熊本第2戦」に参加してきた。

 

 

先週の緑川ダムでのマスターズ、そして週半ばにはmibroTVの撮影、前日には蓮台寺釣り堀センターで撮影やったりと釣りばっかりの週であるが、ほとんどロッドも握ってないし、そもそも立岡自体が前戦のピュアフィッシングカップ以来である。

水位も状況も分からない。

 

まあ、釣れてないのは容易に察することができるが…

 

 

続きを読む >>

リミットメイクはしたけれど 〜陸釣りクラブ熊本第1戦〜

昨年に引き続き、ピュアフィッシングジャパン カップ NBC陸釣りクラブ第1戦にお邪魔してきた。

今年はKNBも再始動したことで、スケジュール的に他所様のイベントに参加できる時間も限られてくるが、本震から1年となる4月16日の開催ということもあるし、なによりRevoユーザーであるし、釣果は賑わせられないけれど、場賑わせなつもりで参加。

続きを読む >>

デスレイクに有終の美はあるのか〜NBC陸釣りクラブ第2戦(最終戦)〜(10/23)

KNBの活動休止以降、他団体にお邪魔しつづけた今年を締めくくる最後のトーナメント。

4月の地震で延期となった第2戦「イマカツカプ」が最終戦として立岡池で行われた。

 

KNB勢からは前戦に引き続きりょうま、SHINGO、そして新たにたけちゅ〜♂が参加。

 

一人ぐらいはお立ち台に送り込みたいが、何せデスレイク。誰もが苦手な立岡だけにまったくの不透明。

続きを読む >>

減水→満水→ちょい減水〜NBC陸釣り熊本第3戦(9/25)〜

熊本地震の影響で第2戦が延期となったNBC陸釣りクラブ熊本。

そんな復興への思いを、釣りで後押しする第3戦が開催決定。

KOG熊本予選に続く熊本でのバス釣り大会に、またもや参加することとなった。

KNBとしては、2004年頃までは大挙してNBC陸釣りに参加していたのだが、KNBとしてのスケジュールが過密すぎるので、その後は縁遠くなってしまっていた。

機会があれば参加するつもりでいたが、開催日がバッティングすることも多く、実に11年ぶりにお邪魔させていただいた。

 

以前、KNB勢20数名が大挙して参加したものの全員がホゲって、大会のウェイイン率を下げただけという逸話(前科)もある。

それ以来、KNBの大会が立岡で開催されることはなくなった。

(ホントはもうちょっとマジメな理由があるのだけれど)

続きを読む >>

ヤル気と結果の空回り〜KOG決勝大会〜(9/11)

9月11日に大分農業文化公園内の日指ダムで開催される九州陸釣りグランドチャンピオンシップ(以下KOG)の決勝大会に臨むにあたり、計2回のプラを行った。

 

ま、結果としてはプラではなく、いつも通りの「単なる魚釣り」に終わったのだが。

 

約7年ぶりとなる日指ダム。

以前は大分農業文化公園のオートキャンプ場を毎年利用していて、その過程の中で親子でバス釣りをしていたが、ガッツリと釣り目的で来るのははじめてとなる。

なお、ここのオートキャンプ場、施設も整っていて静かでホントオススメ。

以前、公園が無料開放になった時、朝の4、5時ぐらいからオートキャンプ場の敷地の中をバスアングラーがガチャガチャと音を立て、大きな声を出しながら入ってくるのには閉口したが。

 

立場が変われば気付くマナーもある。

 

現在は9時半の開園時間からしか釣りはできないが、多目的な公園の中で釣りができる環境は本当に貴重。一人一人の行いの積み重ねで釣りが自由に出来る環境になるか、はたまたどんどん制約されていつかは釣り禁になってしまうか…

 

公園入り口に掲出されていた釣りエリアマップ。

7年前に来た時までは、こんな赤い場所は一切なかったのにね…

 

 

続きを読む >>

KOG熊本予選(7/17)

九州陸釣りグランドチャンピオンシップ(以下KOG)の熊本予選の告知ポスターの制作を2年ぶりにお手伝いさせていただいた。

熊本地震以降、県内では初のバス釣り大会。

フィールドも堰堤や遊歩道が損壊しているところがある中、そもそもまだまだ復興に向けて釣りどころではない人が多い中で、それぞれの様々な事情はあれど、開催を英断された関係者の皆さんには心から拍手を送りたい。

運営の大変さは分かっているつもり。震災直後のこんな時期だからこそ、そんなスタッフの皆さんの熱意に応える応援のつもりで、ガヤのつもりで参加させていただいた。

 

 

 

続きを読む >>
1