「フレキシブルキャロ」という考え方

仕掛けがめんどくさくなくて、汎用性が効くキャロってできないかな。

 

ここ2年ほどずっと考えてきた命題。

三つ叉キャロがスタックしづらく理想に近いのだけれど、野池でオカッパリをやっていると常に開けた場所であるとは限らない。

上に木が覆い被さっている場所でリーダーの長いキャロが投げられるわけではない。

 

フリーリグという考え方もあるが、このリグはボートなどのダウンヒルでのアプローチでは威力があるが、アップヒルが多いオカッパリだとリーダー部分がフリーにならず直リグ的な攻め方しか出来ないことが多い。

となると、リグってるキャロを別のリグに交換して、また開けた場所にいったらキャロにして…

 

ああ、めんどくさい。

 

 

というわけで、海釣り出身の私はいろいろごにょごにょと考えて、一つのスタイルに行き着いた。

 

アジングのキャロでは、すでに似たよう考え方があるが、ここでのキャロは海釣り仕掛けを使っての自由度の高いキャロを考えてみた。

 

 

 

遊動ウキをセットする際の「シモリペット」

本来は道糸に通してウキをセットするものだが、これにシンカーをセット。

そして本来はウキ下を調整するための浮き止め用の糸を、リーダーの長さを固定するために使う。もちろんストッパー用のゴムでもいいのだが、常にシンカーの重みがあるのでゴムだとズレやすい。

そのため、比較的ズレにくいウキ止め糸を使っている。

 

20年前、フカセでチヌを釣っていたころに愛用していた小道具を、まさかバス釣りで使うようになるなんて…

道糸+ハリス(リーダー)という概念のキャロだが、これは道糸のみのリグ。ウキ止め糸でリーダーの長さを調整出来るので、上に木が覆い被さっているような場所、またはカバーではリーダーの長さをゼロにすれば直リグライクな攻め方が可能。

 

シモリペットのスナップでシンカーの重さも自由に変えることが出来る。

シンカーが分離しているので三つ叉キャロのようにスタックしづらく、それでいてフリーリグの利点も併せ持ったキャロ。


 

リーダー結ばなくていいのでお手軽です。

 

よりフリーリグライクなキャロとしては、こういう方法もあるかなと。

ナス型オモリではウキ止めヒモがストッパーにならないので、ビーズを噛ませてリーダーを確保するという考え方。

ベジテーション、ウィードの中に投げる時は、通常の中通しのシンカーに変えたりもしてます。

 

4lb〜8lbぐらいのラインでのライトキャロで非常に有効なのではないかなと思ってます。


 

ネットで調べると、中通しシンカーを使用した同じ原理で「フリースライドキャロ」という名前で紹介されてましたが、中通しシンカーに比べ、こちらはシンカー部分が遊動なので非常にスタックしづらいという利点がある。

 

なにより全て海釣り用品なので、価格が安い!

 

いつでもシンカーの重さを変えられて、リーダーの長さも変えられて、フィールドの状況、投げられる状況に応じて変化できるフレキシブルなキャロ。

フリーキャロ?フレキシブルキャロ?

 

もうすでに考案されてるのかもしれないけど、もし万が一、だれもやってない仕掛けだったら、テキサス、キャロライナと地名が付くことが多いリグ名。ぜひ「萩尾リグ」って呼んでください←クソダサい