フロートボート改造計画〜ロッドホルダーを増設した〜

ハイデッキ(フラットデッキ)化したフロートボートでの釣行が続いている。

足元が広くなったこと、そして何より足元全てが収容スペースになったことにより、小型ボートならではの問題点がほぼ解消されている。

二度見されることさえ恐れなければ快適そのものである。

 

ただ、トーナメントに出ていることもあり、どうしてもタックルを多く持って行きたいことが増えている。

ただでさえ「あれもやりたい」「これもやりたい」という欲張りんぼな性格だ。当初は5本積載を想定していたロッドホルダーだが、今では8本搭載することが増えてきた。

しかも現在のロッドホルダーでは、ティップ側にウェイトが掛かっている場合に、ティップが水面についてることがあり、これに気付かないまま移動してロッドを落水したこともある(近くにいたKNBメンバーに救助してもらったが)

 

というわけで、現状のロッドホルダーを活かしつつ、さらに積載出来るよう、そしてタックル落水の恐れがないように改造してみた。

サイドデッキに取り付けているロッドホルダーに加え、前方のメインデッキのサイドに、脱着可能なロッドホルダーを追加設置。

ロッドの向きを交互に変えて配置することで、8本の積載が可能にっ!

とてもフロボとは思えないタックル量である。

普通、フロボっつったら3本ぐらいでしょう。

なのに、この優柔不断なおっさんときたら8本。

 

フロボでここまで載せてる人いるんだろうか。

 

 

でも…大会時には9本載せたいって思う時もあるんだよぉ…

 

 

 

 

このロッドホルダーの追加で、タックル落水の危険性はほぼなくなった。しかも今まで以上にラインが絡まなくなり取り出しやすくもなった。

春から開幕するKNBマスターズでも、これで十分なタックルを載せて戦うことができるはず。

 

 

そろそろ暖かくなってくる頃。さらに快適に、さらに楽しく、まだまだフロボの釣りを進化させていきたいところ。

次の改造は…そう、アレです。アレ。

 

春以降に始動する予定。

コメント