土砂降りド濁りド満水の芹川ダム(6/20)

いつもより遅い今年初釣行の芹川ダム。

すでに年券も購入して訪れたのは3度目になるが、過去2回はmibroTVのロケ。

純然たる釣りで訪れたのは今年はじめてとなる。

そして芹川では久々のフロボ釣行。

 

直前まで減水でトレーラーのランチングさえ困難な水位と聞いていたのに梅雨の合間に降り出した大雨は、一気に水位を押し上げた。

ダクダクと増え続ける水位。

ボートを出し始めたころは露出していた部分も、車を片付けに行って戻ってくるともう冠水状態。

 

フロボだとセッティングに15分はかかる。

スロープ下の部分が露出してないと、トレーラーのランチングの邪魔になるから遠慮しちゃう水位。この日は平日+大雨でほとんど人いなかったけれど。

 

今回の相棒はたけちゅ〜♂おじさん。

朝6時半には水の駅おづるに到着して、遊漁券の購入は終わっていたのだが、強烈な雨脚のためにしばらく様子見して、スタートは8時50分から。

濁流が流れ混むインレットと一面に広がる濁りに一瞬躊躇するが、よくよく考えてみると、芹川ってあまり濁り関係ない場合も多い。

そしてよく見てみると、岸際はまだクリアな水が残っている。

 

そんな濁りの中で、たけちゅ〜はmibroアパッチ・ダブルコロラドでキャッチしていた。

ならばこちらも強波動で、と痴虫イジリーバグをチョイス。

 

濁りの層の上をイジリーバグでゆっくりと引いてくると、濁りの中から突如としてゆっくりと巨体が現れる。

芹川らしい、猛烈な引き。今年はじめての芹川バスは痴虫イジリーバグで。

サブサーフェイス〜50cmぐらいまでを、強い波動でゆっくりと引いてこれるので、今日みたいなシチュエーションにあってるのかも。

ロッド:mibro・ノマドC-68MH

リール:Abu Revo ALC-IB7 16lbフロロ

ルアー:痴虫・イジリーバグ

 

ロッド:mibro・ノマドS-63L

リール:Abu Revo MGX2500SH

ルアー:ゲーリー4インチヤマセンコー

 

その後はノーシンカーパターンでハメハメ。

ド満水の濁りの中で岸際のカバー周りに落とすと好反応。

たけちゅーおじさんはアパッチでハメハメ。

 

この後も痴虫イジリーバグにバイトはあるが、3バラシ。

流れ込みの中から最初に釣れたヤツぐらいのがまたバイトしてきたが乗せられず。

やっとヒットしたのはちょいと小さめ。

ただ、濁りの中から飛び出してくる様は、ほんとエキサイティング。

 

 

土砂降りとド満水の初芹川、最後もグッドサイズで締めくくり。

天候はともかく、服の中のビショビショ具合もさておき、やっぱり楽しい1日でした。

コメント