DEATH SCYTHE[デスサイズ]三段活用

なにかと出番の多いmibroのクロー型ワーム「デスサイズ」

人気Youtuberの「釣りよかでしょう」で紹介された時は「サステキクローの代用品」とだけ言われて最後まで商品名が出てこなかったデスサイズ。

同じくYoutuberの高橋魚紳にダブルウィップが紹介された時は「えっと…これはマ…マイブロのダブルホイップ」と紹介され、つい先日スペースモンキーズTVでは何の外連味もなく「デスサイザ!」と連呼された。

英語表記は「DEATH SCYTHE」だよ。「SCY」をサイと読めたのになんで最後の「THE」をそのまま「ザ」と読んじゃったのよ。

おしい!まことに惜しい!

 

Youtuberに正しい商品名を言って貰えない悲しき不遇のメーカー、それがmibro。

 

熊本県内で最もデスサイズを買ってると自認(自称)する私としては、もっとこのワームの良さを伝えていかねばならない。

そんな思いから今回はデスサイザ…もといデスサイズの使い方をインプレッションしていこうかと思う。

 

それではレッツカモン!デスサイザ!

 

まずはデスサイズの特長を

  • ハリがあって自重がある
  • 針持ちがいい
  • 捨てるところがないっ!

これらの特長があってこそ、ここで述べる真の目的「デスサイズ三段活用」が活きてくるのだ。

第一段階「テキサスリグ・直リグ・フリーリグ」

デスサイズといえば、まずはこの使い方でしょう。

カバー周りでのテキサス。

私がちょくちょく行く場所ではリップラップが続くところがありテキサスだとシンカーが根掛かりしてしまうことが多いので、直リグで使うことが多い。

こちらはフリーリグ。

クローの大きな爪がゆっくりとバタンと倒れる様がいいのか、着底後一呼吸おいてのバイトが多いようにも感じる

針持ちがいいため、どこぞのメーカーのワームみたいに一匹で破壊されたりスットンでいくことも少ない。

 

 

きっといいモノは残っていくんですよ。

 

さあ、こんな正統派なリグ(テキサス・直リグ)で使った後はボロボロになっても捨ててはいけない。

最近はワームを補修する技術も多く拡散している。

そしてこのデスサイズ(ダブルウィップも含めて)はバッチリ補修できてしまう素材だ。

補修出来たデスサイズは保管しておいて、次なる第2段階用のワームとして使おう!

 

第二段階「ノーシンカー・バックスライドセッティング」

テキサスリグ等でノーマルセッティングで活躍したデスサイズの次なる使い道は、いわゆる「逆付け」

頭側からフックをセッティングすることでバックスライド型ワームとして使うことができる。

 

ベイトの小さい萩尾で使う場合は、爪をカットしたノーシンカーセッティング。

高比重なのでベイトフィネスロッド(ノマドC-68ML)でもカバーの奥まで楽にスキッピングできる。

 

つい先日のマスターズ第2戦でのカバーから引きずり出したファーストフィッシュもこのバックスライドセッティング。

アピールさせたい場合は爪はそのままで使うが、萩尾はベイトフィッシュが小さいので、爪をちぎったセッティングにする。

しかしいきなり新品をちぎるのはもったいないので、こういった補修したワームの出番だ。

しかも逆付けなので、針持ちも新品同様♪

 

デスサイズのPVをご覧頂くと分かるが、左右についた6本の足がピクピクと痙攣して、とても気持ちが悪い!

このPV編集中にあまりの気持ち悪い動きに、塚本謙太郎に「この動き気持ち悪いっすねぇ」って電話したら「でしょ!気持ち悪いでしょ(ホクホク」と喜ばれたことを思い出した。

 

「気持ち悪い」が褒め言葉になる業界、それが釣り業界。

 

3/0フックセット時のバックスライドの移動幅も大きく、スナッグレス効果も非常に高いので、7月以降のカバー周りでのフォール主体となった釣行ではホントに重宝している。

 

唯一の問題点としては、ラインを結んだ時に余った糸を切るつもりが、間違って触覚まで切ってしまうという…

ああ、老眼はツラい…

 

いや、間違って触覚を切ったとしても何ら問題はない。

次なる第3段階用として使えばいいのだ。

第三段階「最終形態・デスポテト」

デスサイズの売りでもある爪ももぎった、触覚も無くなった(もしくはギルにちぎられた)。

ホントのザリガニなら、エサを狩るための武器も、そしてそれを察知する耳も目も無くなった状態だ。

だが、デスサイズにはまだ利用価値がある。

テイルレスグラブ、いわゆる「イモ」型ワームの完成だっ!

 

名付けるならば

「デスポテト」

 

 

参考画像;左からテイルレスグラブ40(イモ40)、デスポテト、3インチFATヤマセンコー

 

フックセッティングはバックスライドセッティングと同様がオススメ。

カバーに入れやすい、空気抵抗ないからビュンビュン飛ぶ。

何より針持ち抜群。

6本足が気持ち悪い!

 

以上3段階の活用ができるデスサイズ。

 

 

「牛とクジラとデスサイズは捨てるところがない」

 

全ての部位が食べられる(または別の用途がある)牛やクジラと同じように、デスサイズも最後の最後まで使えるという、なんという使い勝手のいいワームなんでしょう。

 

ノーシンカー系のワームをサイズや重さ違いでいろいろと揃えてみたけど、ほとんどこれだけで対応できるんじゃないかと。

 

 

 

 

 

え?

 

 

捨てるところがないというんだったら、途中でもげた(もいだ)デスサイズの爪の使い道はどうするのかって?

 

そりゃあ、最後まで使えますよ。

もげた爪だって立派な利用価値が。

 

 

 

 

 

 

 

まあ、お風呂場とかに貼っておけば子どもが喜ぶんじゃないですかね?

 

知らんけど。

 

 

 

 

 

 

※実際に貼って撮影してみたら、意外とキモかったので、奥さんや子どもがいらっしゃる方には、黙って貼らないようにしましょうね。

 

 

りまさん的:デスサイズオススメカラー

アラバマクロー=ドチャ濁りの時に。

サマークロー=通常の水の時に。

サワーグレープ、オキチョビクロー=ギル食ってる所で。

 

レッドスワンプが欲しいなぁ…

 

さあ、そんなデスサイズ。

レギュラーサイズの4インチに続いて、いよいよダウンサイジングの2モデルが発売されますっ

3.5インチと3.75インチ。

※mibro FBページより無断パクリ

 

 

今年の冬、サンプルが上がって来た時に「ちょっとちょーだい(はぁと」と分けてもらって、フットボールラバージグのトレーラーとして使ってきたが、ウェイト的にもバランスも完璧だったので、発売を熱望していた一人。

そんな貰っていたサンプルも、あまりに釣れすぎるものだからすぐに無くなって「はよ発売して」と言っていたものの、ツカケンは「ボクも楽しみたいからあと1年後ぐらいですかね」なんて言っていたが、予想より早く発売になってくれる。

 

 

フットボールのトレーラーとしては3/8ozでは3.75インチ、1/4ozでは3.5インチがお気に入り。

 

特にいろんなシチュエーションで使える3.5インチサイズは待ってた人も多いのではなかろうか。

 

そんなマルチサイズを展開するデスサイザ、もといデスサイズ。

サイズごとの三段活用も出来るようになるのも楽しみ。

 

コメント