KNBオープン2018事前調査(という名の釣行)10/18

いよいよ2週間後に迫ってきた「ルアーウェブショップ・カップ KNBオープン2018」

水位状況は-5mほど。100人超を迎え入れるオカッパリ大会を行うにはほぼベストな水位。

 

不特定多数の参加者を迎え入れる大会を行うので、不測の事態を防ぐためにフィールド上の様々な情報を仕入れておかねばならない。もちろん釣果もその一つだ。

 

というわけで2日間ほど湖上調査を行ってきた。

というか、本音で言えばマスターズ最終戦、クラシックでデスレイクMDに2連続完ホゲを喰らったことがあまりにもダメージがデカすぎたので、母なる萩尾に癒して欲しいと来たのが本音。

 

 

10月18日

しばらく大会続きで、好きな釣りよりも釣ること探すことを優先する釣りが続いていた(しかも釣れなかった)ので、フラストレーションMAX。今日は巻いて釣る気マンマン。

 

まずは本湖南岸沖のハードボトムエリアをチェック。

NLWチッパワでボトムを感じながら引いてくると、いきなり「ゴンゴンゴン」という激しいバイトと強烈な引き。

ハギオドリームを予感させるファイト。

 

しかし、水面を割らない引き。

 

 

ぐねぐねしてる…

 

やっぱりキミか。

国産のドリーマー。

 

 

予定してない来訪者ではあったが、いきなりの釣果に期待が膨らむ。

しかしこの後は、シャロー、または沖のブレークラインをクランクでチェックするが反応は皆無。

 

二つの台風が通過した後で、水がかき混ぜられてまだ落ち着いていない印象を感じる。

減水した遠浅になる秋の萩尾といえば、ボートの方が釣れる時期とオカッパリの方が釣れるシチュエーションが交互に訪れるが、これは明らかに前者のパターン。

 

深い所に落ちている気がする。

 

それならとディープクランク・KTW B7Deepで4mのフラットなエリアを引くとバイト。

お、おう…

無理すんなよ…

 

オカッパリでは、明らかに「仕事サボってます」な雰囲気の人が…

 

しばらくサボってるAGCさんの横でデスサイズの直リグ投げて遊んでいたら、ここで何度か小バスかギルっぽいバイトが。

これにヒントを得て最深部に近い4mのディープフラットを意識して狙ってみると、ようやく連発。

 

午後から8本。ただし最大魚は33cmで、それ以外はすべて25cm以下。

どのバスも白っぽく、いる位置も冬バスと同じ場所。

 

ただし、深い位置にじっとしているのではなく、サスペンドしているのでそれに気付いてからは連発できた。

 

この日の感じではオカッパリから狙える位置にはほとんどバスがいない。非常に難しい状況。

とはいえ、秋の釣りは日替わりでパターンが変わって行く。

これからどう変わっていくのか楽しみなところ。

 

 

 

ルアーウェブショップ・カップ KNBオープン2018は11月4日、萩尾大溜池で開催されます。

私は運営サイドですが、この大会は全員が参加者。誰一人も運営だけしてる人なんていない大会です。

私も、他のスタッフも同じように参加費払って、運営の合間に釣りをする。

 

そう、あわよくば勝ちたい!なんて思ってるのは私も同じです。

 

プロもアマチュアも、ベテランもビギナーも、おじいちゃんもお孫ちゃんも、彼氏も彼女もみんなまとめて楽しめる釣り大会「KNBオープン」

一般参加枠は残り少なくなってきましたが、まだまだ募集中です。

 

大会に参加される皆さんには、この釣果が参考になれば幸いです。

 

 

お申し込みはKNBオープンの特設コンテンツページよりどうぞ

コメント